腎臓コラム

慢性腎臓病(CKD)患者は運動した方が良いのか?

腎臓病と運動についてまとめました。
2020.06.14
腎臓辞典

ステロイド(プレドニン)の治療、副作用についてまとめました。

『ステロイド(プレドニン)の治療を開始します。』 そういうと患者、家族共に凄く不安そうな顔をされます。患者さんの中には『ステロイドは麻薬みたいな薬なんでしょ、怖い。』とおっしゃる方も多くいます。1.2年前にWEBメディアやニュース番組がス...
2020.06.14
院長ブログ

『ソルトチップ』という減塩サポート食品が発売されます!

腎臓内科医森 維久郎です。 慢性腎臓病(CKD)における食事療法で一番大切になるのが減塩療法です。しかし、日本人は漬物、干物を始めとして塩分が多い物が好きな民族であり、減塩を続けることが元々困難であり、更に慢性腎臓病(CKD)患者は、...
2020.06.14
腎臓コラム

多発性のう胞腎のサムスカについて

多発性のう胞腎に対するサムスカについて、少し詳しくまとめてみました。
2020.06.14
腎臓コラム

ダイエットのための食事について。

腎臓病の患者さんで減量が必要なことがあり、減量のための食事などについて書きました。
2020.06.14
腎臓辞典

腎臓病とタバコの関係について

世界的に食生活を始めとして健康的な生活を送る事で有名な日本も、タバコに関しては後進国と言われています。 いつも記事で患者さんに生活指導を勧める一方で、自分もダイエットに失敗し続けていたり、深夜まで飲み会をしてしまうダメダメな人間である...
2020.06.14
腎臓辞典

腎臓病と歯周病について

腎臓病にとって歯を磨くことは立派な治療戦略の一つなのでここで記事にしておきます。
2020.06.14
腎臓辞典

腎臓とカリウムについてまとめました。

カリウムは野菜や果物に含まれるミネラルの一種です。腎臓病が進むと、尿からカリウムが排泄されなくなり、体内にカリウムが溜まります。この状態を『高カリウム血症(こうかりうむけっしょう)』といいます。この高カリウム血症は、突然死を引き起こす不整脈・心停止の原因となります。
2020.06.14
腎臓辞典

採血・採尿データーの見方をまとめました。

腎臓病の治療をする際に定期的に採血・採尿検査を行なって治療経過が良好かを確認するのですが、患者さんからどの項目を見たら良いかが分からないと言われるのでこの記事でまとめようと思います。
2020.06.14
腎臓辞典

腎臓と貧血について

腎臓内科では、ネスプやミルセラという薬を良く使用します。患者さんに腎臓と貧血の関連がよく分からないと質問されるので、改めて貧血と腎機能障害について書いてみようと思います。
2020.06.14
腎臓辞典

腎臓の検査の方法をまとめました。

腎臓という臓器は一度障害を受けると原則良くはなりません。また腎臓という臓器は沈黙の臓器で症状が出現した頃には時すでに遅しとなっている事があります。 このサイト「腎臓内科.com」では早期発見・早期治療のために、健康診断で見つかった採血...
2020.06.14
腎臓辞典

腎臓と血圧について

慢性腎臓病(CKD)患者では血圧のコントロールが重要! 日本で透析になっている患者の病気は主に3つあります。 1:糖尿病性腎症(糖尿病が原因の腎障害) 2:腎硬化症(動脈硬化が原因の腎障害) 3:慢性糸球体腎炎 その中でも...
2020.06.14
腎臓コラム

腎移植のドナーの長期予後について

患者さん向けというよりは、あくまで備忘録として書いていきます。腎移植のドナーについていくつか論文をレビューしたので、まとめました。
2020.06.14
腎臓辞典

顕微鏡的多発血管炎

腎臓内科医の森 維久郎(もり いくろう)です。顕微鏡的多発血管炎(けんびきょうてきたはつけっかんえん)について話をします。比較的な稀な疾患ですが、急に症状が出現して、急激に進行する病気のため診断を速やかに行って、治療に結びつける必要のある病...
2020.06.12
腎臓辞典

アルポート症候群

腎臓内科医の森です。アルポート症候群は、非常に稀な疾患のため臨床医もあまり経験しない遺伝性疾患ですが、情報提供が必要な患者さんがいたので記事にしようと思います。 アルポート症候群の症状とは? 初期には肉眼的には分からない顕微鏡的血尿しか...
2020.06.12
腎臓辞典

多発性骨髄腫による腎臓の障害

多発性骨髄腫とは? 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは、血液癌の一種です。人間の身体は骨髄(こつずい)という場所から血液成分を作ります。一般的には赤血球(酸素を運ぶ血球)、白血球(免疫を司る血球)、血小板(出血を止める物質)などの...
2020.06.12
腎臓辞典

造影剤腎症

腎臓内科医の森です。まず造影剤は腎臓を障害する可能性があるので、腎臓病がある患者さんで造影剤を使った検査(CT検査・冠動脈造影など)を行う際は注意が必要と言われています。今日は造影剤と腎臓について書きます。 造影剤腎症とは? 造影剤腎症...
2020.06.12
腎臓辞典

膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN)

膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN)についてお話します。日本語で書くと病名が非常に長いので、現場では英語でMPGN(エムピージーエヌ)と読んでいるのでこの記事でもMPGNと書きます。 MPGNも以前このサイトで触れたFSGSと同様に非常に...
2020.06.12
腎臓辞典

巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)

巣状分節性糸球体硬化症(そうじょうぶんせつせいしきゅうたいこうかしょう)についてお話します。日本語で書くと非常に長いので、現場では英語でFSGS(エフエスジーエス)と読んでいるのでこの記事でもFSGSと書きます。 FSGSは非常に理解...
2020.06.12
腎臓辞典

常染色体優性尿細管間質性腎疾患(ADTKD)

ADTKDは非常に稀な腎臓の病気です。現段階でわかっていることをまとめました。
2020.06.12
タイトルとURLをコピーしました