Coffee doctor様に取材して頂きました。

Coffee doctor様に取材して頂きました。
Coffee doctor様に取材して頂きました。

腎臓内科医森 維久郎です。

2019年より腎臓内科医としてプライマリーケア領域に起き、2020年4月に北区赤羽周辺で慢性腎臓病(CKD)の重症化予防に特化した予防クリニックを作る事になっています。(全ての事が決まったら公式に発表します。)

Coffee doctors様にその話を取材して頂きました!

記事に載せて頂いたのですが、腎臓内科として大きな病院に勤務する中で『もっと早く介入出来れば』という症例を多く経験して、『腎臓内科.com』を通じて多く記事を発信してきました。一方で、Web上の情報発信だけではやはり限界があり、更に対面で診察していない患者さんにとっては単一化されてWebの情報発信が逆に本人を混乱させてしまったり逆効果になる事も痛感しました。

色々考えた結果、プライマリーケア領域での腎臓医療を自ら身を置き『リアル』の場で提供する必要があると考え、今年の4月頃から動き初めて、2020年4月に北区赤羽周辺に自らの慢性腎臓病(CKD)の重症化予防に特化した診療所を作る事にしました。

6月から2ヶ月に1度の頻度でコメディカルの皆様や市民を含めた勉強会を開催しております。

慢性腎臓病(CKD)の治療は、医学的な要素よりも食事、運動、内服継続などの要素が強く、看護師、薬剤師、理学療法士を含めて、更に保健師、テクノロジーなどの領域が融合して社会的に治療介入する必要があります。是非とも勉強会にご参加頂ければと思います。

診療依頼はコチラ > 記事の一覧へ >