糖尿病内科医の山村先生が『Free styleリブレや血糖値』の情報発信をしています。

2018.07.30
糖尿病内科医の山村先生が『Free styleリブレや血糖値』の情報発信をしています。
糖尿病内科医の山村先生が『Free styleリブレや血糖値』の情報発信をしています。

腎臓内科医の森 維久郎です。糖尿病内科医である山村先生のサイトが面白いです。糖尿病自体というよりは、山村先生自身が『Free styleリブレ』という24時間血糖値が測れる機材を使って、血糖値を記録した日記を書いていて、楽しみながら糖尿病の事が勉強出来る情報発信サイトです。

『腎臓内科.com』でも昔、『Free styleリブレ』について触れました。

 

一方で、ブログ開設への想いを綴ったページを見ると伝わる熱い想いが好きです。

糖尿病外来で診療をしていて,患者数の多さ,診療時間の短さに問題意識を持っていました.検査値を確認して,お薬を調整して,簡単な生活指導をして次は1〜2ヶ月後に予約.混み合う外来を限られた医師数でマネジメントするには,この繰り返しで,回転率を上げるしかないような現状です.

日本の糖尿病患者数は1000万人以上です.そのライフスタイル,疾患の軽重は様々です.働き盛りの方,子育て中の方,第一線を退いた方,高齢で介護される側の方――人それぞれのライフスタイルがあり,日々の生活に合わせた300万通りの食事療法,運動療法,お薬での治療が存在します.本来なら患者さんの生活に合わせ,各人のPlan-Do-Check-Actサイクルを回しながら生活改善,血糖改善を図りたいところです.こうした理想と現状とのギャップを埋める,誰しもに共通の,健康,食事,QOLに役立つ情報提供したいと思い,本ブログを解説しました.

この前、医療者直接発信の情報発信者の勉強会でお会いしましたが、きさくな方で何でもニコニコしてお話を聞いてくれる安心感のある先生でした。

腎臓が悪くなり透析になる患者さんの4割以上が糖尿病を背景とした腎障害です。糖尿病について真面目に直球で伝える情報発信も必要ですが、山村先生のように、安心感を持ちながら楽しく聞ける情報発信も素敵ですね。(森は不器用で出来ないので、直球勝負です、笑)

ぜひ、ご覧になって下さい!

診療依頼はコチラ > 記事の一覧へ >

管理人情報

森維久郎・写真
腎臓内科医
森 維久郎(もり いくろう)
『防げる透析を少しでも減らす』を理念に腎臓内科医をしています。
腎疾患をなるべく早く見つけて、しっかり介入するには、診察以外での情報提供が必要だと感じて『腎臓内科.com』を立ち上げました。
管理人近況
  • (2018.11.04)
    ファンデリー様企画の数百人規模のイベント「ミールタイム健康フェスタ」で『生活習慣病の食事療法・運動療法の最新の知見』と題して講演させて頂きました!
  • (2018.10.27)

    開催内容はこちら!(https://xn--v6q559gj6ehpa.com/archives/1206

  • (2018.10.10)

    ジャパンヘルスケアベンチャーサミットでCKDオンラインを発表しました!

  • (2018.09.21)

    日経メディカル様に取り上げて頂きました!詳しくはこちらへ!

    リンク先はこちら

  • (2018.09.06)

    週刊東洋経済2018/9/8号で少しお話させて頂きました!

     

管理人近況の一覧はコチラ