『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』はオススメです。

『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』はオススメです。
『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』はオススメです。

腎臓内科医森 維久郎です。

津川友介先生の『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』はオススメです。筆者は日本の医学部を卒業されて、現在アメリカで内科の助教授をされている医師の方です。世の中には色々な食事療法の本が売られていますが、最終的に水素水の販売に誘導していたりしてとても勧められないものばかりでしたが、この本は医師である自分も自信を持っておすすめしています。

医者は『カリウム』、『タンパク質』みたいな成分ベースで話しがちですが、この本は『肉→魚』、『白米→玄米』という食ベースで話をされており非常にわかりやすいと好評です。腎臓に特化はしておりませんが、内科一般、健康全般が記された本であり一読の価値はあります。

外来で栄養の話をすると『卵はどうですか?ほうれん草はどうですか?』と一つ一つの食品について聞かれてしまい、本質的な病気や生活習慣改善の話が出来なくなってしまいます。

個人的には、医師の情報提供の質に加えて、患者さんの自己学習が、医師と患者さんの外来の時間の質を高めると思っていますので、是非読んでいただけると幸いです。

『腎臓内科.com』でも栄養について記事を数個書いていますのでご参照下さい。

診療依頼はコチラ > 記事の一覧へ >