多発性骨髄腫と腎臓について。

多発性骨髄腫と腎臓について。
多発性骨髄腫と腎臓について。

多発性骨髄腫とは?

多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは、血液癌の一種です。人間の身体は骨髄(こつずい)という場所から血液成分を作ります。一般的には赤血球(酸素を運ぶ血球)、白血球(免疫を司る血球)、血小板(出血を止める物質)などの身体にとって必要な物質をバランスよく作って身体の中に送ります。

多発性骨髄腫は形質細胞(けいしつさいぼう)という細胞が骨髄の中に異常に繁殖して、赤血球、白血球、血小板などを正常に作る事が出来なくなる病気です。

結果、貧血、感染しやすくなる、出血しやすくなる状態になります。また骨髄内に異常に繁殖した形質細胞からMタンパクという全く役に立たないタンパクが大量に産生されます。このMタンパクは骨を溶かしたり、血液をドロドロにしたり、腎臓に障害を与えます。今日は多発性骨髄腫によって起きる腎臓の障害にフォーカスを当てて記事を書きます。

多発性骨髄腫でなぜ腎障害起きる?

多発性骨髄腫の患者さんの2-5割が腎臓の障害を起こして、1割が透析に至ると言われています。具体的なメカニズムに関しては、色々関わっており厳密に説明するのは難しいですが、ざっくり説明すると3パターンあります。

1 尿細管(にょうさいかん)を障害する。

腎臓には尿細管という、尿の通り道があります。多発性骨髄腫の時に作られるMタンパクが、尿の通り道を塞いだり、炎症を起こして尿細管を障害します。

2 糸球体(しきゅうたい)を障害する。

腎臓には、不要な物、必要な物をやり取りしているような組織があり糸球体(しきゅうたい)と言います。多発性骨髄腫の時に作られるMタンパクが糸球体を壊わすことで障害が起きます。この際は、検査結果として尿検査で尿タンパクが検出されるのが特徴的です。

3 その他

多発性骨髄腫には色々な病態が関わります。例えば多発性骨髄腫になると、骨が障害されてカルシウムが血液中に溶け出して血液中のカルシウムの濃度があがります。カルシウムの濃度が上がりすぎると腎障害を引き起こします。また骨が脆くなり、痛みが生じた時に飲む痛み止めで腎障害を引き起こす事もあります。

多発性骨髄腫による腎障害の検査・診断は?

まず多発性骨髄腫が強く疑われる場合は、血液検査を行います。先程触れた赤血球(RBC)・白血球(WBC)・血小板(PLT)、加えて総タンパク量(TP)・アルブミン(ALB)、電気泳動で血液中の抗体のバランスの測定、カルシウム(Ca)などを評価します。その後、骨髄検査(こつずいけんさ)という骨髄を骨から採取して実際に形質細胞が異常に繁殖している事を確認する検査を行います。

腎臓の障害は尿検査を行って、タンパク尿の評価、異常タンパクが尿から漏れているかなどを確認します。最終的に腎生検(じんせいけん)という腎臓の組織を採って顕微鏡で何が起こっているかを診る検査で行います。

多発性骨髄腫の治療について

多発性骨髄腫と診断された場合は、抗がん剤を使用した薬物療法を行います。加えて、年齢などから行うことが可能と判断した場合は、造血幹細胞移植という移植を行ないます。(詳しくは、こちらのサイトをご参照ください。

多発性骨髄腫の治療法は近年ドンドン進化しています。特にボルテゾミブは腎を守る作用があるとも言われており、腎臓が悪い患者でも比較的使用し易い薬です。また、透析で多発性骨髄腫で生じる不要なタンパク質を取り除く方法も期待されております。

多発性骨髄腫と腎臓の最近のトピック

多発性骨髄腫より不要なタンパク質の量が少なく、症状が出ていない病気をMGUS(意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症)といいます。基本的にはMGUSに対して、治療を行わない流れだったのですが、MGUSでも腎障害が進行する例(MGRS)の報告があり血液検査や尿検査で腎障害を示唆する所見があれば治療を行った方が良いのではないかという意見が出ています。

多発性骨髄腫は腰痛、貧血、尿所見異常で見つかる事が多く見逃されやすい疾患の一つです。近年治療法が開発されている病気であり早期介入が望まれます。臨床医としては必ず頭に入れておきたい疾患です。

診療依頼はコチラ > 記事の一覧へ >

管理人情報

森維久郎・写真
腎臓内科医
森 維久郎(もり いくろう)
『防げる透析を少しでも減らす』を理念に腎臓内科医をしています。
腎疾患をなるべく早く見つけて、しっかり介入するには、診察以外での情報提供が必要だと感じて『腎臓内科.com』を立ち上げました。
管理人近況
  • (2018.11.04)
    ファンデリー様企画の数百人規模のイベント「ミールタイム健康フェスタ」で『生活習慣病の食事療法・運動療法の最新の知見』と題して講演させて頂きました!
  • (2018.10.27)

    開催内容はこちら!(https://xn--v6q559gj6ehpa.com/archives/1206

  • (2018.10.10)

    ジャパンヘルスケアベンチャーサミットでCKDオンラインを発表しました!

  • (2018.09.21)

    日経メディカル様に取り上げて頂きました!詳しくはこちらへ!

    リンク先はこちら

  • (2018.09.06)

    週刊東洋経済2018/9/8号で少しお話させて頂きました!

     

管理人近況の一覧はコチラ