腎臓病(CKD)患者に本当にロキソニンを使ってはいけないのか?

腎臓病(CKD)患者に本当にロキソニンを使ってはいけないのか?
腎臓病(CKD)患者に本当にロキソニンを使ってはいけないのか?

腎臓内科医の森です。よく患者さんや他科の先生方から『慢性腎臓病患者にロキソニンを使ってはいけないのですか?』と質問を受けるので、今回はロキソニンと腎臓を記事にしてみます。以下のようなお悩みがある方向けです。

・腎臓が悪いんだけど、痛み止めが飲みたい!

・患者さんに、痛み止めがほしいと言われたけど腎臓が悪くて、処方して良いか分からない!

ロキソニンは原則使わない方がよい

一般的にロキソニンは腎臓を悪くすると言われています。添付文章を見てみると、以下のように記載されています。

・重篤な腎障害患者には禁忌である

しかしながら、腎臓病の患者は以下のような理由でロキソニンを使用したくなることが多いです。

・高齢者が多い。

・骨や筋肉の衰えが早い。

ロキソニンは腎臓の観点からあまり使いたくないのですが、実際問題使いたくなるときもあります。

そこで今日はどうしても使いたい時はどこまでなら使っていいのかにフォーカスを当てて話を進めていこうと思います。

ロキソニンのメカニズム(読み飛ばし可能)

ロキソニンは「COX(コックス)」という酵素に作用して痛みを抑えます。

「COX」は炎症や痛みを引き起こすだけでなく一方、胃の粘膜を守るなどの痛み以外の役割があります。

痛みをとるためにロキソニンを飲んで「COX」を抑えるのですが、副作用として一緒に胃の粘膜が荒れることがあります。

腎臓に関しても「COX」を抑え込むことで、腎臓の障害がおきることがあります。

ロキソニンと腎臓の障害

腎臓の悪くなるパターンは2種類あります。

・急激にわるくなるとき

・慢性的にジワジワ悪くなるとき

急激にわるくなるとき

急激に悪くなるのは、以下のようなメカニズムです

①:腎臓の入り口の血管が狭くなり、必要な血液が流れなくなる。

②:アレルギーの反応で腎臓が障害される。

頻度はロキソニンなどのNSAIDsという薬をつかった患者さんの約1-5%で起きるという報告があります。(Am J Med. 1999 May 31;106(5B):43S-50S.)

現場では、以下の5パターンの患者さんでよく起きると言われています。

①:高齢者

②:脱水

③:血中カルシウム値が高い

④:心不全、ネフローゼ、肝硬変がある

⑤:腎臓の血流を下げる血圧の薬をのんでいる

特に、「夏場に痛み止めを飲み、更に骨粗鬆症があってカルシウム製剤を飲んでいる、おばあちゃんが、脱水になって腎臓が悪くなった。」みたいなのが定番です。

対策としては、以下のようなものがあります。

・水をしっかり飲む

・血液検査、尿検査を適宜する。

慢性的に悪くなるとき

ロキソニンを飲むことで慢性的にジワジワ悪くなっていくパターンもあります。このパターンのメカニズムは良く分かっていません。

慢性的な障害に関しては、一生涯で何錠まで飲んで良いのかという議論がよくされます。

個人的な結論は、「想像以上に投与しても大丈夫」という結論です。

 

過去に様々な報告があり一概に結論つけることはできませんが、まとめると以下のような報告が多いです。

・一生涯で5000錠以上投与するのは良くないかもしれない。

・一生涯で2500錠くらいなら大丈夫かもしれない。

・一気に大量に使うのはよくない。

・漠然と使用するのはよくない。

 

参考文献

・JAMA. 2001 Jul 18;286(3):315-21.

・Arch Intern Med. 2004 Jul 26;164(14):1519-24.

・N Engl J Med. 1994 Dec 22;331(25):1675-9.

・Am J Med. 2007 Mar;120(3):280.e1-7.

 

個人的なロキソニンの使い方

最終的に、個人的には以下のような使用をしています。

・極力使わないようにする。

・どうしようもないときは、脱水、薬などのチェックをする。

・ほかの薬を使用する。

・定期的に採血、採尿をする。

 

ロキソニンと腎臓については、コンセンサスもなく、グレーな情報も多いので判断が難しいところではありますが、一概に『ロキソニン=腎障害』という安直な判断をするのではなく、どこまでなら使用出来そうなのかにフォーカスを絞って話を進めました。

再確認ですが、基本的には投与は望ましくないのでその点はご了承下さい。

診療依頼はコチラ > 記事の一覧へ >