今週の腎臓の論文(2020.3.3)

今月JASNは情報量が豊富でした。

A Randomized Trial of Distal Diuretics versus Dietary Sodium Restriction for Hypertension in Chronic Kidney Disease

利尿剤(アミロライド/ヒドロクロロチアジド:5/50mg)と塩分制限(4g/日)を比較したRCT(cross-over)。利尿剤は塩分制限と比較して、血圧、細胞外液の管理において非劣勢。eGFRが低くてもしっかり効果がある。

Racial/Ethnic Disparities in Atrial Fibrillation Treatment and Outcomes among Dialysis Patients in the United States

透析患者のAfに対する抗凝固の検討。黒人、ヒスパニック、アジア人は、白人は、脳卒中になりやすく、ワーファリンが十分量でないことが多い。ワーファリンを十分量にすることでそれぞれ7.10.12%の脳卒中を予防できる。

A Randomized Trial of Empagliflozin to Increase Plasma Sodium Levels in Patients with the Syndrome of Inappropriate Antidiuresis

SIADHの患者さんに対してSGLT-2阻害薬+水分制限を4日間を行うことで低Na血症が改善したことを示す論文。

Measuring Quality in Kidney Care: An Evaluation of Existing Quality Metrics and Approach to Facilitating Improvements in Care Delivery

腎疾患における治療の指標の妥当性などを評価したもの。ちょっと理解が難しかった。

Estimating Urine Albumin-to-Creatinine Ratio from Protein-to-Creatinine Ratio: Development of Equations using Same-Day Measureme

タンパク・クレアチニン換算比から、アルブミン・クレアチニン換算比を求める計算式の妥当性を評価。あくまで参考値ではあるが、面白い取り組み。

Prolyl Hydroxylase Domain Inhibitor Protects against Metabolic Disorders and Associated Kidney Disease in Obese Type 2 Diabetic Mice

マウスでの研究だが、PHD阻害薬(エナロデュスタット)が糖・脂質代謝を改善させ、腎保護的に働く可能性を示唆する論文。

カテゴリー: News