高血圧とは? (2019.5月更新)

高血圧とは? (2019.5月更新)
高血圧とは? (2019.5月更新)

日本の高血圧の現状

日本では4300万人が高血圧と言われており、3100万人が管理不足と言われております。これらの内1400万人が高血圧であることすら知らず、450万人が高血圧であることを知っているが治療をしていないと言われています。

つまり日本で高血圧でしっかり治療できている人はたったの30%くらいしかいないのが現状であり、高血圧はしっかり治療をしていく必要があります。

何故高血圧を治療するのか

高血圧を治療する理由は、脳・心臓・腎臓などの臓器の合併症を減らすためです。具体的には、高血圧を放置すると心筋梗塞・脳卒中・透析などになるリスクが高くなります。

過去に日本における心臓・脳の病気による死亡に繋がる危険因子として、脂質異常症、タバコ、運動不足、高血糖を抑えて高血圧が一番のリスク因子となることが分かっています。

上の図は働き盛りの男性の血圧と死亡リスクを示した図です。上の血圧が120未満の患者さんのリスクを1とすると、180以上の患者さんはリスクが18倍になります。

テレビで健康について色々報道されて、報道の次の日にスーパーで取り上げられた食品が無くなる一方、リスクが18倍にも上がる高血圧は放置されていることが多いです。

 

高血圧の診断

高血圧治療ガイドライン2019では以下のように定義しています。

 

120/80mmHg以下:正常血圧

120/80mmHg以上~130/80mmHg未満:正常高値血圧

130/80mmHg以上~140/90mmHg未満:高値血圧

140/90mmHg以上:高血圧

 

高血圧治療ガイドライン2014と比較して、より厳しく血圧を下げていこうという方針になりました。120/80mmHg以上になると、血圧を上げれば上がる程心筋梗塞・脳卒中・透析などになるリスクが高くなることが分かっており、近年血圧を厳格に下げた方が良いという趣旨の研究結果が出たためと考えられています。

年齢・原疾患などで適宜目標の血圧が異なるので主治医と相談して目標を設定します。

高血圧の治療

まずは生活習慣の修正を行います。具体的には塩分制限、体重是正、節酒、禁煙、ストレス、睡眠などが関与しておりこれらを複合的に修正していきます。

高血圧治療ガイドライン2019では、なるべく薬に頼らず可能な限り生活習慣の改善で血圧をコントロールするように促す意図が感じられます。

医師・看護師による指導のみならず、管理栄養士による栄養指導を行ない患者様の食事のご相談を伺って治療を統合的に治療を行います。

これで改善を認めない場合は、薬による治療を行います。年齢・原疾患などを考慮して患者さんに適した内服薬を決めていきます。敢えて2種類を薬を併用したり、1日2回の薬を使用する場合もあります

二次性高血圧とは?

高血圧の中には明らかな原因(生活習慣の積み重ね以外)があり二次的に起こる高血圧があり、二次性高血圧と呼びます。

具体的には原発性アルドステロン症、睡眠時無呼吸症候群、腎血管性高血圧症などが挙げられます。二次性高血圧はすべての高血圧患者の10%以上にのぼると言われています。

若年発症だったり、急激に血圧が挙がったりする場合などは疑って検査をしても良いと考えられます。

診療依頼はコチラ > 記事の一覧へ >