2019年5月から大切にしていきたい3つのこと。

2019年5月から大切にしていきたい3つのこと。

こんにちは、腎臓内科の森 維久郎(もり いくろう)です。誕生日を迎えて、ここ1年について考えることが増えました、この1年間大切にしたい事を3つにまとめました。

1つ目は「自分の頭で考えること」です。

ここ数年自分の周りには尊敬すべき人・先生やメンターみたい人が大勢いて良い意味で刺激してもらい成長することが出来ました。一方で、頼りになる人が側にいると思考停止になる性質が自分にあることにも気付きましたし、小さなことではありましたが最終的にハシゴを外されるような経験もしました。

自分の知らないことを先人から得ることは大切にですが、あたかも自分の考えであるかと勘違いする程咀嚼までは批判的吟味を続けることが大切と思っています。

他人の意見で短期的な100点を目指すより、自分の意見で粘り強く60点、70点、80点を積み上げていこうと思います。

2つ目は「やらないことを決める」です。

4月に入って仕事の幅が格段と広くなり、言葉では分かっていたのですが「出来ること・任せるべきこと、必要なこと・必要のないこと」を明確に切り分けることの重要性を痛感しました。しっかり頭を使い「やらないことを決める」ことを大切にしようと思います。

3つ目は「詰めを大切にする」です。

雑でも良いので取り敢えずスピード重視で進めてきましたが、ここで路線を変更しようと思います。リスクを取り新しいことをしたいからこそ、リスクに対して計画的にリスクヘッジしていき、コツコツスタートをしたいと思っています。

 

この3つの考えている現段階では2020年のクリニック開業はミニマルスタートだなと考えています。

至極当たり前のことを至極当たり前に着実にやり、一つ一つ信頼を得ていき、基礎体力がつけ、注力すべき領域を見極めて突破していくみたいなスタイルが自分やっていきたい事、そして取り組み自分自身に合っているのではないかなんて思っています。

比較的、派手さや斬新さに注目が集まるコミュニティーにいますが、逆張りでいこうと思います。クリニック開業まで後11ヶ月、残りの時間を意識することが増えてきたためまとめてみました。

診療依頼はコチラ > 記事の一覧へ >

管理人情報

森維久郎・写真
腎臓内科医
森 維久郎(もり いくろう)
『防げる透析を少しでも減らす』を理念に腎臓内科医をしています。
腎疾患をなるべく早く見つけて、しっかり介入するには、診察以外での情報提供が必要だと感じて『腎臓内科.com』を立ち上げました。
管理人近況
  • (2018.11.04)
    ファンデリー様企画の数百人規模のイベント「ミールタイム健康フェスタ」で『生活習慣病の食事療法・運動療法の最新の知見』と題して講演させて頂きました!
  • (2018.10.27)

    開催内容はこちら!(https://xn--v6q559gj6ehpa.com/archives/1206

  • (2018.10.10)

    ジャパンヘルスケアベンチャーサミットでCKDオンラインを発表しました!

  • (2018.09.21)

    日経メディカル様に取り上げて頂きました!詳しくはこちらへ!

    リンク先はこちら

  • (2018.09.06)

    週刊東洋経済2018/9/8号で少しお話させて頂きました!

     

管理人近況の一覧はコチラ