No.5 CKDと筋肉・骨について 〜基礎編〜

No.5 CKDと筋肉・骨について 〜基礎編〜
No.5 CKDと筋肉・骨について 〜基礎編〜

腎臓内科医の森 維久郎です。

CKDと筋肉

CKDになると、様々なメカニズムを経て筋肉が衰えると言われています。結果、健康な人に比べて7割程度まで身体機能が低下していると言われています。

また、透析をされている患者の場合身体機能が5割まで低下しており、8人に1人が過ごしている時間の半分以上をベット上で暮らしているとも言われています。(Am J Nephrol. 2013;38(4):307-15

身体機能を一度衰えると中々元に戻らないため、しっかり事前から予防していく必要があります。

CKDと骨

またCKDでは筋肉だけでなく、骨が脆くなり骨粗鬆症、骨折になるリスクが高くなると言われています。(Osteoporos Int. 2005 Dec;16(12):1683-90.

腎臓が悪いと骨を作るために必要な成分が作られなかったり、骨を溶かす作用が働いてしまうからと考えられています。

また一般的に使用されている骨粗鬆症の薬が使用できないこともあり、早期からの対策が必要になります。一度採血検査や画像検査(骨塩定量)などの検査を行って骨の評価を行うことをお勧めします。(治療に関しては別途記事にしようと思います。)

CKDと運動

筋肉にしろ、骨にしろ、定期的な運動を行うことが望ましいと考えられています。具体的には有酸素運動、簡単な筋肉トレーニングを週3日程度行ないます。(詳細は運動療法のページに改めて書きます。)

近年、この運動療法が筋肉や骨だけでなく、腎臓にも直接的に良い効果がある事が分かってきて注目されています。

腎臓は一度悪くなると良くはならないのですが、海外のとある施設で有酸素運動、筋肉トレーニングを行った所、腎臓の能力を示すeGFRがなんと改善したという驚きの発表があり世界中で注目されています。(N0.8 CKDと運動で触れようと思います。)

結果日本でもここ数年で「腎臓リハビリテーション」という概念も誕生しCKDの患者に積極的に運動を勧めていこうというのがトレンドになっています。

次回は、CKDと貧血について触れます。

診療依頼はコチラ > 記事の一覧へ >