慢性腎臓病(CKD)におけるリンの重要性について。

2017.10.22
慢性腎臓病(CKD)におけるリンの重要性について。
慢性腎臓病(CKD)におけるリンの重要性について。

腎臓はミネラル代謝を調整する働きがあり、慢性腎臓病の患者さんはこのミネラルの調整が崩れてしまうため定期的に評価して調整をかける必要があります。特に大切なのは『リン』という物質の調整です。

 

実はこの『リン』という物質は、正直腎臓内科以外であまり注目されていない検査項目で、今だからいえますが、自分が研修医の時も全然気に留めていませんでした。そんな多くの臨床家が気に留めない『リン』が近年腎臓内科領域で注目されるようになりました。

 

腎臓が悪くなると『リン』が腎臓から排泄されず溜まっていき高リン血症となります。この高リン血症の状態が、骨の変化だけでなく、動脈の石灰化などにも影響を及ぼし、心血管イベント、死亡率、腎機能に影響する事が分かってきました。具体的には、血清リンの値が1mg/dl上昇すると死亡リスクが30%程度上昇すると言われております。

 

『リン』はタンパク質が多い食事や、食品添加物に多く含まれています。取り過ぎを控えるのが基本方針ですが、極度に控えて栄養不足になる事は避けなければなりません。医者によって考え方が変わりますが、個人的には極度に食事制限をせずに、必要時にリン吸着薬という腸管からのリンの吸収を防ぐ薬を併用していく方針をとっています。具体的な薬としては下記のようなものがあります。加えて、ビタミンD製剤やシナカルセトなども使用されます。

(吸着量はあくまで個人的に集めた色んな先生方の使用感を元に作りました。)

吸着量が高い事が決して良い薬であるわけではなく、それぞれの患者さんの特性に合わせて使用していきます。特にリン吸着薬には消化器関連の副作用があります。例えば、ホスレノールには嘔気の副作用があり、ピートルには下痢、軟便などの症状が出る人がいます。また薬に含まれている他の成分に期待して投与したりします。リオナには鉄が含まれており、鉄欠乏性の貧血の人には使いたい薬ですし、カルタンにはカルシウムが含まれており低カルシウム血症の人には使用したい薬な反面、高カルシウム血症に注意しなければなりません。

 

 

『リン』を管理する上で、一緒に気をつけるのは『カルシウム』です。特に『カルシウム』は『リン』が高いと腸管からの吸収が阻害されて低くなるため、定期的に採血をして『カルシウム』を補充します。(厳密にはビタミンD)一方で、補充しすぎで『カルシウム』の値が高くなり、『カルシウム』と『リン』が両方血液中に貯まると血管の石灰化が進み心筋梗塞や脳梗塞などに繋がるため良くないとされています。最近はなるべくカルシウムの値を基準値範囲内で低く保つのがトレンドな印象です。定期的に『リン』と『カルシウム』の値のバランスをみていきます。アルブミンという値でカルシウムの値は変動するため要チェックです。

 

目標値

1)リンの基準値:2.5-4.5mg/dl。実際の臨床現場では6.0mg/dl以上にはならないようにする。

2)カルシウムの基準値:8.4-10.0mg/dl。実際の臨床現場では8台後半を目標にする。

 

『リン』と『カルシウム』のバランスには、様々な臓器が関わっています。骨、腎臓、腸管、副甲状腺などが主に関わっており、特に『副甲状腺』が最近注目されています。副甲状腺から出るホルモン『PTH』が下記の図の如く様々な臓器に影響を与えます。この『PTH』に付随して作用する『ビタミンD』なども影響を受けます。

(熊本医療センターHPより引用)

 

『PTH』や『ビタミンD』の値を見て内服を変えていく事もありますが、『カルシウム』と『リン』の値を調整する事が優先されます。

 

腎臓内科医がオーダーする採血や処方をこういう観点からチェックすると自分がどういう医療行為を受けているかが分かると思います。自分で自分の健康や病気の事を知る事は非常に重要なため、この記事がその一端を担う事が出来れば幸いです

診療依頼はコチラ > 記事の一覧へ >

管理人情報

森維久郎・写真
腎臓内科医
森 維久郎(もり いくろう)
『防げる透析を少しでも減らす』を理念に腎臓内科医をしています。
腎疾患をなるべく早く見つけて、しっかり介入するには、診察以外での情報提供が必要だと感じて『腎臓内科.com』を立ち上げました。
管理人近況
  • (2018.11.04)
    ファンデリー様企画の数百人規模のイベント「ミールタイム健康フェスタ」で『生活習慣病の食事療法・運動療法の最新の知見』と題して講演させて頂きました!
  • (2018.10.27)

    開催内容はこちら!(https://xn--v6q559gj6ehpa.com/archives/1206

  • (2018.10.10)

    ジャパンヘルスケアベンチャーサミットでCKDオンラインを発表しました!

  • (2018.09.21)

    日経メディカル様に取り上げて頂きました!詳しくはこちらへ!

    リンク先はこちら

  • (2018.09.06)

    週刊東洋経済2018/9/8号で少しお話させて頂きました!

     

管理人近況の一覧はコチラ