腎臓を守る降圧薬「RAS系阻害薬」とは??

RAS系阻害薬とは?

RAS系阻害薬とは、血圧を上げるレニン・アンギオテンシン・アルドステロンという身体のホルモンの分泌に作用することで血圧を下げるお薬です。

血圧を下げるだけでなく、心臓・腎臓に保護的に働く効果が報告されており日本でも良く使用されている薬です。

具体的には、ロサルタン(ニューロタン)、アジルバ(アジルサルタン)、オルメテック(オルメサルタン)、ブロプレス(カンデサルタン)、ディオバン(バルサルタン)、ミカルディス(テルミサルサン)、レニベース(エナラプリル)などがこれらに当たります

腎臓を守る作用がある

RAS系阻害薬には、腎臓を守る作用が期待されています。

腎臓には糸球体(しきゅうたい)という身体の必要な物質・不要な物質をやり取りしている場所があるのですが、血圧が高いと糸球体に圧力が掛かります。

このRAS系阻害薬には、糸球体にかかる圧力を和らげる事で腎臓を守る働きがあると言われています。

心臓を守る作用がある

腎臓病では交感神経が活性化したり、血圧が上がることで心臓に負担を与えます。

結果、腎臓病の患者さんでは心臓の病気になるリスクが数倍になります。

RAS系阻害薬は、腎臓だけでなく心臓を守る作用も期待できます。

薬の注意点

腎臓・心臓を守る良い薬ではあるのですが、数点注意点があります。

腎機を障害する時がある

実は、RAS系阻害薬は人によっては、腎臓を障害することもあります。

もともとRAS系阻害薬は腎臓に流れる血液による過剰な圧力を取り除くことで腎臓を守ります。

逆に、腎臓に流れる血液が少ない人にこの薬を投与することで、必要な圧を更に下げてしまい腎臓を障害してしまいます

具体的には、動脈硬化が強い人、高齢者、夏場で脱水がある人、ロキソニンやカルシウムの薬を飲んでいる人などは、要注意です。

カリウムが上がる時がある

腎臓病だと、カリウムという成分を尿から出なくなり身体にカリウムがたまってしまうことがあります。

カリウムが溜まりすぎると、突然死の原因となる不整脈の原因となることがあります。

このRAS系阻害薬を飲んでいるとカリウムが身体に溜まりやすくなるので注意が必要で、適宜採血を行って異常がないか評価します。

Q&A

このくすりを飲んだら、eGFRが下がってしまいました。大丈夫ですか?

院長
院長

eGFRの下がりがある程度であれば、問題ありません。

GFRが下がっても大丈夫なんですね

院長
院長

腎臓に必要以上の圧力かかっているとGFRが上がって値としてはよくなるのですが、長期的には望ましくありません。このくすりは腎臓の圧力をとってあげることで腎臓に保護的に働きますが、値としてGFRは下がります。

どのくらいまでOKなんですか

院長
院長

だいたい3割以上悪くなると、良くないと言われています。そのため適宜採血で確認をさせて頂きます。

遠慮なくご相談ください

赤羽もり内科・腎臓内科では、「透析予防」のための診療を行っております。

薬の調整なども積極的におこなっていきます。

何かご不明なことがあれば遠慮なく、お問い合わせください。

院長
院長

透析予防の腎臓医療は当院にお任せください。赤羽もり内科・腎臓内科のホームページはこちら。

 

タイトルとURLをコピーしました