腎臓病だとコーヒーを飲んではいけないのか?

腎臓病の外来をしていて、患者さんから「コーヒーって飲んでよいですか?」と聞かれることがあります。

特に、塩分を減らす中で朝食をパン食に切り替える方がいて、コーヒーの質問をよくされるので少しまとめてみました。(インターネットを見ても、はっきりした答えが無いようですね。)

コーヒーは体に良い??

2017年にannals of internal medicineという内科の世界で、世界的権威にある医学誌から「コーヒーは体に良い可能性があり、1杯より2杯、2杯より3杯、3杯より4杯以上の方が心筋梗塞・脳卒中や糖尿病や腎疾患などによる死亡率が低い」という研究結果が出ました。(Ann Intern Med. 2017 Aug 15;167(4):228-235.)

この研究の研究デザイン(前向き研究でない事)からこの結果から、「コーヒーは体に良い!!」と飛びつくのは医師として早計ですが、少なくともコーヒーは体に良さそうだという雰囲気を感じ取ることが出来ます。

ちなみにどれくらい飲んでも良いかについては、まだはっきりしていませんが、杯数が多ければ多いほど体に良いと結論付けている研究結果もそれなりにあるようです。とはいえ、4.5杯を越えてくると流石に良くないよね~という報告もあります。

大方の報告をまとめるとあくまで印象論ですが、2-3杯/日で大きな問題になっていないので飲んでもよいと結論付けています。

コーヒーは腎臓に良い?

以前、別の記事でもお伝えしたように、2018年にAJKDという腎臓領域の世界的な医学誌から「コーヒーの摂取量が多いと腎臓病になるリスクが下がる」という研究結果が発表がされました。(Am J Kidney Dis. 2018 Aug;72(2):214-222)

コーヒーと腎臓についての報告はまだ少なく、報告の質も決して完璧なものではないので「コーヒーは腎臓に良い!」と結論付ける事は出来ません。ただ、「コーヒーは腎臓に悪い」という報告はあまり無いようです。

医師として、これらの報告を批判的にみると、今までの報告は健康な人、つまり腎臓病でない人がコーヒーを飲むと腎臓が悪くなるのかという点に注目されており、腎臓病の人がコーヒーを飲むとどうなるかという点はまだ分かっていませんでした。

腎臓病の人はコーヒーは飲んで良いのか?

そんな中、2018年の秋にNDTという腎臓領域の世界的な医学誌から「腎臓病の人にとってカフェインを飲む人の方が、死亡率が低い」という内容の研究結果が発表されました。(Nephrol Dial Transplant. 2019 Jun 1;34(6):974-980.)

この報告も、決して質が完璧とは言えない内容でしたが、腎臓病の患者さんがコーヒーを飲むとどうなるかを調べた最初の報告であり注目されました。

医師としてまだまだ「腎臓病にはコーヒーが良い」と言い切ることはできませんが、この報告以降、私の周りの医師もコーヒーに対してポジティブに考えている先生が増えているようです。

カフェインなのかコーヒーなのか

ただし、この報告を解釈する際の注意があります。それは、カフェインについて触れており、コーヒーについて触れている訳ではないということです。

カフェインレスのコーヒーだったらどうなのか?コーヒーに含まれるカフェイン以外の成分の影響はどうなのか?などなどまだまだ分かっていないことが多いようです。

「腎臓病の人はコーヒーを飲んだ方が良い!」と言い切るためには、ランダム化比較試験というコーヒーを飲んでいる人達と、コーヒーを飲んでいない人達を分けて5年後、10年後の死亡率などを調べる必要があります。

ただし、このような試験を行うにはお金がかかり、労力もかかるのでおそらく行われないと考えられます。

腎臓内科医としてこれらの結果を考える。

テレビでは1つの研究結果を取り上げて、「コーヒーが体に良い!!」と平気で言ってしまうのですが、個人的にはこのような報告は批判的かつ俯瞰的に判断をするべきだと思います。

テレビの健康番組をみて、「人参が良い!」「トマトが良い!」となり翌日のスーパーで人参やトマトがなくなるのをみて、少し複雑な気持ちになるのが正直な所です。

今回医師として、この記事を書くために複数の海外の文献をしっかり吟味しました。結果、「腎臓とコーヒー」に関して結論を出す事が難しく「よく分かっていない」と結論付けました。

医療の世界ではこのようなことが多く、今ある限られた情報をもとに外来の診察での患者さんの疑問に答えていきます。

今回の私の結論は以下のようなものです。

論点1:取り敢えず、コーヒーは飲んでも良い。

1つ目の結論として「腎臓病の人もコーヒーは飲んで良い」です。

現段階では「コーヒーは体に良い」と断言できませんが、少なくとも体に悪くはなさそうです。

コーヒーにはカリウムが入っており、腎臓病が進行している患者さんでは考慮が必要ですが、カリウムに余力がある場合は、飲んで良いと伝える事が出来るでしょう。(とくにインスタントコーヒーはカリウムがいっぱい入っているので注意が必要です。)

論点2:腎臓病の人にとってコーヒーは飲むと健康に良いか?

次に「腎臓病の人にとってコーヒーは飲むと健康に良いか?」という問いに関しては「ちょっと待った」と結論づけます。これには2つの理由があります。

① 医学的なメカニズムがよく分かっていない

一般の方からすると「メカニズムなんてどうでもいいでしょ、健康に良ければ良いんだよ!」と考えられるかもしれませんが、医師としては「メカニズム」を非常に気にします。

目の前の患者の中にはコーヒーを飲まない方良いひとがいるかもしれません。そのような人を見つけるのに「メカニズム」を気にすることは大切です。

コーヒーには血管拡張作用があるとか、抗酸化作用があるなど様々な意見がありますが、どのメカニズムも正直ピンと来ておらず、実際どの報告をみても、報告主が「メカニズムは良く分からないので注意」と書いています。

② コーヒーそのものが良いのか?コーヒーを飲む生活が良いのかがわかっていない

コーヒー自体が良いのではなく、コーヒーを飲む人には高収入の人が多くて、収入の差が健康の差に繋がった可能性があります。

食事は生活と大きく結びついており、食事そのものが良かったのか、その食事よく食べる人の生活が良かったのかははっきりしないことが多いです。

食事関連の研究結果は、特に解釈に慎重を要します。テレビの情報はここらへんが結構雑なことが多いので要注意です。

以上から腎臓内科医としては「コーヒーが腎臓に良いか分かりませんが、飲みたかったら飲んでよいですよ〜」と伝えるのが一番良いかと結論づけました。随時、新しい情報が入り次第、Twitterやこのサイトでアップデートします。

腎臓の食事でお悩みの方へ

腎臓病の患者さんは一番食事のことでなやんでいます。

「あれは食べていいのか?」

「食べるものがない・・・」

など診療をしていても多くのご相談を頂きます。

 

当院は東京都北区赤羽の腎臓病を予防するクリニックとして、管理栄養士が在籍して食事のご相談にのらせて頂いております。

腎臓のことだけもしくは腎臓の食事のことだけご相談に来られる患者さんもいらっしゃいます。(現在の主治医の先生には引き続き通院されて頂いて問題ありません。)

赤羽もり内科・腎臓内科の腎臓内科の診療についてはこちらをご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました