医療者向け腎臓情報サイトの『Nephrologist』というサイトがオススメです。

2018.09.12
医療者向け腎臓情報サイトの『Nephrologist』というサイトがオススメです。
医療者向け腎臓情報サイトの『Nephrologist』というサイトがオススメです。

腎臓内科医森 維久郎です。

『Nephrologist』という腎臓の最新の論文などを紹介するサイトが爆誕しました。特に腎臓内科の若手医師や、非腎臓内科医、薬剤師さん向けに作られたサイトのようでかなり専門的ですが、非常に内容がリッチで、腎臓医療関係者にはおすすめです。

このサイトの特徴は、腎臓内科医の先生(しかも臨床経験が長く、論文にも精通している先生)が論文を紹介した上で、

1)この論文をどうやって解釈したら良いか

2)この論文を読んで実際に目の前の患者さんにどうやって当てはめていくか

を、『統計学の知見』と『長い臨床経験』からしっかり考察されており、ジャンクではなく深みのある知識が提供されている事です。

 

他にも、最新の論文を紹介するサイトは一杯あるのですが、『〇〇は、〜〜に良い』みたいな短絡的な記事が多くて、その論文の限界や、そのトピックの歴史、実際の現場で価値の重み付けが全く考慮されていませんでした。中には、PV(ページビュー)を稼ぎたいが余りに、最新の論文の情報を『過剰に煽って面白くする』ようなサイトも残念ながら散見されます。

 

個人的に衝撃的だったのは、昔はブログ発信といえば『ITに強い若手医師の発信』が多かったのですが、今回のブログの先生はどちらかという中堅以上の熟練した経験も豊富だけどあまりITとかテクノロジーには詳しくない先生の発信で、それでもこれだけの価値を出してしまうという事です。IT、テクノロジーの価値はコモディティ化により誰でも利用出来るようになり、相対的に現場やコンテンツを出せる事が唯一無二の価値となる時代になったとより一層確信しました。

 

腎臓内科.comは患者向けのコンテンツを配信していきますが、『Nephrologist』に負けずに発信していきたいと思います。9月はホームページを工事中で記事更新はストップしていますが、10月初旬からドシドシ更新していきます!

診療依頼はコチラ > 記事の一覧へ >

管理人情報

森維久郎・写真
腎臓内科医
森 維久郎(もり いくろう)
『防げる透析を少しでも減らす』を理念に腎臓内科医をしています。
腎疾患をなるべく早く見つけて、しっかり介入するには、診察以外での情報提供が必要だと感じて『腎臓内科.com』を立ち上げました。
管理人近況
  • (2018.11.04)
    ファンデリー様企画の数百人規模のイベント「ミールタイム健康フェスタ」で『生活習慣病の食事療法・運動療法の最新の知見』と題して講演させて頂きました!
  • (2018.10.27)

    開催内容はこちら!(https://xn--v6q559gj6ehpa.com/archives/1206

  • (2018.10.10)

    ジャパンヘルスケアベンチャーサミットでCKDオンラインを発表しました!

  • (2018.09.21)

    日経メディカル様に取り上げて頂きました!詳しくはこちらへ!

    リンク先はこちら

  • (2018.09.06)

    週刊東洋経済2018/9/8号で少しお話させて頂きました!

     

管理人近況の一覧はコチラ